院内感染の対策マニュアル

前回の記事で、院内感染の意外な感染源はカーテンである事。
病院側はいろいろな対策を講じている事を紹介させていただきました。

「院内感染の対策マニュアル」となると医療従事者向けの記事になりますが、
施設を管理されている方や人の出入りの多い施設内で働く方々にも応用できる情報を紹介します。

続きを読む

インフルエンザ3種類の型と、その症状?

『A型』、『B型』、『C型』・・・もちろん、血液型ではありません。(汗

何やら血液型に似てますが、、、
今回はインフルエンザの「型」についてです。

インフルエンザの型はA型・B型・C型の三種類に区分されています。
それぞれに、感染対象、症状、流行時期が異なります。

今回はインフルエンザの型別の特徴などを紹介していきます。

A型・B型・C型のうち、毎年流行しているのはどの型でしょうか?

続きを読む

学級閉鎖を防いだ興南学園の保健室の感染対策とは?

毎年確実に発生する、インフルエンザ集団感染による学級閉鎖。
学校の教育プログラムや年間スケジュールに与える影響は大きく、教育現場としても大きな問題の一つとなっています。

沖縄県がインフルエンザ警報 学級閉鎖は16校24クラスに(沖縄タイムス記事)

医療機関はもちろん、子供達が多くいる教育施設も集団感染には特に気を配る必要のある施設です。

沖縄県にある興南学園では昨年、中学から高校まで(全39クラス)インフルエンザ集団感染による学級閉鎖は、1クラスもありませんでした。

心技体、鍛えられている子供達は、体力も十分で免疫力が強く感染に対して強くなっていますが、それでもやはり感染対策は不可欠で、手洗い、マスク着用など蔓延防止の感染対策が十分に機能している良い例でしょう。

興南学園は中高一貫校で、生徒教職員含め2,000人以上が日々集う教育施設です。
この興南学園で感染拡大を阻止し、感染対策の周知徹底を担う部署が保健室です。

日々2,000人以上の人々が活動する教育施設で、興南学園の保健室は具体的にどのような感染防止対策を取っていたのでしょうか? 続きを読む

院内感染の発生原因と感染経路。意外な感染源とは?

これまでは、インフルエンザの感染対策について紹介してきました。
手洗いマスク予防接種など有効に活用してください。

ところで、インフルエンザなど感染症に感染しやすい場所というと、どこを想像しますか?

一般的には人ごみなどの屋外、人が多く集まる施設、例えば「病院」などを想像されると思います。

もちろん、病院は病気を治療しに行くところであって、病気に感染したくないですね。

病院側も院内での不要な感染を防ぐため、様々な予防対策を取り努力をしていますが、
それでも、感染を完璧に制御することは難しく、不幸にも発生してしまうのが院内感染です。

今回からは院内感染について紹介していきます。

続きを読む

インフルエンザ対策その2(マスクの効果的な使い方)

前回に引き続き、インフルエンザに効果的な3つの対策(手洗い、マスク、予防接種)のうち、

今回は「マスク」の正しい使い方や知識について紹介します。

 

マスクはインフルエンザ対策に有効?

実は、「一般的な不織布マスク」ではインフルエンザウイルスの侵入を防ぐことは出来ません。

0.1㎛しかない大きさのウィルスにとって不織布の隙間は大きすぎて、簡単にすり抜けます。 続きを読む

インフルエンザ対策(医師も行う徹底的な手洗い方法)

毎年秋から冬にかけて話題に上る「インフルエンザ」。

感染して重症化すると命にかかわる大変危険な病気です。

以下インフルエンザについて厚生労働省のHPより抜粋しました。

インフルエンザと普通の風邪の違い
一般的に、風邪は様々なウイルスによって起こりますが、普通の風邪の多くは、
のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心で、全身症状はあまり見られません。
発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。
 一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。
38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛等全身の症状が突然現れます。
併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。
お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、
重症になることがあります。

インフルエンザの流行時期
インフルエンザは流行性があり、いったん流行が始まると、短期間に多くの人へ感染が拡がります。
日本では、例年12月~3月頃に流行します。
厚生労働省インフルエンザQ%Aより引用

そんな怖いインフルエンザですが、対策を知ることで感染は防げます。

 

インフルエンザの基本的な対策は3つ

インフルエンザの対策はいろいろありますが、基本的な対策は以下の3つです。 続きを読む

空気清浄機の上手な使い方~PM2.5対策

今回は、日常生活で気になるPM2.5対策についてです。

環境省から注意喚起も出るほど、PM2.5は健康に被害を与える重大な環境問題となっています。
大気がかすむくらいヒドイ時は、外出を控える、マスク着用など対策を講じる必要があります。

続きを読む

空気清浄機の上手な活用法~ハウスダストを減らす

今回は、ハウスダストを減らす、空気清浄機の効果的な使い方についてご紹介します。

 

ハウスダストとは、目に見えるチリや埃に加えて、
目に見えない花粉やダニ、そのフンなど、アレルギーの原因となる物を含む室内の塵埃のことです。

目に見える埃などはこまめにお掃除できたとしても、
目に見えない物は換気や空気清浄機に頼るしかありません。

 

ところで、ハウスダストのお掃除に一番適したタイミングってご存知ですか?

続きを読む

空気清浄機の使い方~ペットの匂い対策

皆さま、動物は、お好きですか?

可愛いですよねぇ。ワンちゃん、ネコちゃん。
愛くるしい仕草など、見ていると癒されます。

最近はペットとの同居可能なマンションなども増え、
ペットを飼われている方も多いと思います。

お部屋でペットと同居する場合、どうしても出てしまうペット特有の匂い・・・。

その対策は、どうしていますでしょうか。 続きを読む