今年初!黄砂飛来!飛来時の注意点など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年初の黄砂が今夜から広範囲にかけて飛来するそうです。

気象庁によりますと、西から近づいてきた前線の影響で西寄りの風が強まり、

大陸の黄砂が観測されたとのことです。

黄砂って昔は大陸からの砂ということでロマンを感じながら見てたものです。

しかし、最近はあまりうれしくない現象になっていますね・・・

 

今回は黄砂飛来時の注意点など紹介します。

 

黄砂とは?

特に中国を中心した東アジア内陸部の砂漠、または乾燥地域の砂塵が、強風を伴う砂塵嵐(砂嵐)などによって上空に巻き上げられ、春を中心に東アジアなどの広範囲に飛散し、地上に降り注ぐ気象現象。 あるいは、この現象で飛散した砂自体のことである。

 

簡単に言うと、大陸の砂漠から飛んでくるです。

遠く離れた大陸の砂漠で巻き上げられた砂が、偏西風に乗って西日本近辺まで飛んできます。

ロマンはありますけど、これが結構厄介な砂なんですよね・・・

 

黄砂の影響

黄砂が飛んでくると、まず視程が悪くなります。

ひどい時は太陽が直視できるほど、大気がかすんだりします。車の運転なども要注意です。

 

黄砂はスギ花粉よりも小さいので体内に入り込みやすく、

  • ぜんそくなどの呼吸器疾患
  • 結膜炎などの眼科症状
  • 心臓や脳の循環器疾患
  • アレルギー症状

などの疾患が現れるともいわれています。

黄砂飛来時の対策

黄砂は春時期にやってきます。

花粉も終わって一安心したら襲ってくる厄介な現象です。

また、各種アレルギーや疾患の要因にもなるので、黄砂飛来時の対策は必須です。

 

1・マスク

PM2.5対応のものであれば黄砂も防げます。
鼻の隙間などから入らないように気を付けて、正しく装着しましょう。

2・空気清浄機

家の窓は締め切って、空気清浄機を稼働させておきましょう。
窓を閉め切っても、すべてをシャットアウトできるわけではありません。
入ってきてしまった黄砂は空気清浄機に取ってもらいましょう。

3・洗車はしない。洗濯物は部屋干しで。

洗車してもすぐに砂まみれになりますから過ぎ去った後に流しましょう。
洗濯物も黄砂で汚れてしまうので、外干しは止めましょう。

 

その他、基本的に花粉を同じ対策を取りましょう。

外出先から帰ってくるときは玄関外で、衣服を軽く払うと良いです。

黄砂飛来時は、基本的に必ず砂が付いていると思ってください。

 

ただの砂なら持ち込んでも、掃除さえすれば良いのかもしれませんが・・・

 

黄砂は飛来してくる途中で様々な物質と混ざると言われています。

 

次回、本当は怖い黄砂の害についてお知らせします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*