インフルエンザ対策(医師も行う徹底的な手洗い方法)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年秋から冬にかけて話題に上る「インフルエンザ」。

感染して重症化すると命にかかわる大変危険な病気です。

以下インフルエンザについて厚生労働省のHPより抜粋しました。

インフルエンザと普通の風邪の違い
一般的に、風邪は様々なウイルスによって起こりますが、普通の風邪の多くは、
のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心で、全身症状はあまり見られません。
発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。
 一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。
38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛等全身の症状が突然現れます。
併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。
お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、
重症になることがあります。

インフルエンザの流行時期
インフルエンザは流行性があり、いったん流行が始まると、短期間に多くの人へ感染が拡がります。
日本では、例年12月~3月頃に流行します。
厚生労働省インフルエンザQ%Aより引用

そんな怖いインフルエンザですが、対策を知ることで感染は防げます。

 

インフルエンザの基本的な対策は3つ

インフルエンザの対策はいろいろありますが、基本的な対策は以下の3つです。

1手洗い

2マスク

3予防注射

それぞれの正しい知識を持ってインフルエンザ対策を行うことで、よりよい感染予防となります。

正しい手洗いの仕方

正しいマスクの使用方法

正しい予防注射の知識

今回はインフルエンザ対策の「手洗い」を紹介します。

 

インフルエンザ対策に応用したい
手術前の医師が行う、徹底的な手洗い方法

 

ドクターや看護師、医療従事者のみなさんは感染対策のプロです。

特に手術前などは、感染予防対策として5分間も徹底的に手先から腕までを洗浄、

その後さらに消毒して殺菌除菌を行うなど、徹底されています。

 

代表的な手術前の医療従事者の手洗い方法

1流水で手や腕に付着している汚れを落とす。
(15秒以上かけて洗い流す)

2ブラシに手指消毒薬を付けて爪の中まで徹底的に5分間以上洗う。
(この間に術式のシュミレーションなどをして集中力を高めているようです)

3抑菌されたペーパータオルで手を拭く。

4速乾性擦式アルコール製剤で消毒。

 

日常でココまで出来れば、手洗いは完璧ですが・・・

なかなかそこまで徹底的に出来ないですよね。

 

しかし、徹底的にインフルエンザの感染対策をするならば、

医師も行う手洗い方法に「近いやり方」がベストなのは言うまでもありません。

では、医師も行う手洗い方法を簡素化した、日常でも出来る手洗いの方法を紹介します。

 

インフルエンザ対策として日常生活で出来る
お勧めの手洗いの方法

 

インフルエンザ対策として日常で出来る手洗い方法と、気をつけたいことを3つ。

1.使用するせっけんは固形石鹸よりポンプ式などの液体石鹸を使う。

殺菌性のある固形石鹸もありますが、固形石鹸自体に汚れが残っている事も多いです。

2.手を拭く時は清潔なハンカチ・タオルで。ベストはペーパータオル。

間違っても服や不潔なタオルで拭いたりするのはやめましょう。
せっかくきれいなった手が再汚染されかねません。
風圧で手の水分を飛ばして乾燥させるエアージェットタイプの物も出来るだけ避けましょう。
強力な風圧で機器の中に残っている水分ごと菌をばらまいている事もあるそうです。

 3.手洗い後はアルコール消毒!

手洗い後は、水分を完全に拭き取り、乾燥した手にアルコール消毒剤などを使用しましょう。
アルコール消毒剤はほとんどが速乾性です。拭き取ったりはせず、必ず、自然乾燥させましょう。

手洗い

以上の手洗い方法を意識して実践するだけで、インフルエンザ感染対策として非常に効果的です。

 

インフルエンザ感染対策・手洗いのタイミング

 

さて、次は、感染予防として大事な手洗いのタイミングについてです。

あまり意識していないかもしれませんが。。。実は、手洗いのタイミングも重要です。

せっかく徹底的に手洗いするのですから、そのタイミングも徹底しましょう。

 

たった2つのタイミングを意識することで対策として、効果的です。

 

それは、

・人ごみなどからの帰宅後、すぐ!家庭にインフルエンザを持ち込まないため)

・食事の前に、必ず!インフルエンザ対策はもとより、各種病気の感染予防としても)

 

この2つです。このタイミングで、きちんと手洗いするだけで感染対策には効果的です。

 

また、通院されている方、お見舞いで病院に出入りされる方は、

病院への出入りの際に必ずアルコール消毒をしてください。
(病院の入り口には必ずアルコール除菌が備え付けられていると思います。)

病院内からもらわないことはもちろんですが、持ち込まないためにもぜひ徹底してください。

 

インフルエンザ対策・手洗い後にしてはいけないこと

 

主に食事の前になりますが、きちんとした手洗いの後に、
やってはいけない
ことがあります。

 

それは。。。手洗い直後に
携帯電話やPCを触ること!

 

「スマホの液晶の汚さはトイレの18倍」

「PCのキーボードの汚れは、便器の5倍」ともいわれています。。。

 スマホの雑菌はトイレの18倍以上!?液晶画面を清潔に保つ方法 – NAVER まとめより

スマホ

 

インフルエンザに限らず、感染対策として、スマホを触りながらの食事もおすすめしません

せっかく徹底した手洗いをしているのですから、
携帯電話・スマホ、パソコンなどをウッカリ触って、
細菌や汚れなどを再びに手につけたくないですよね。

絶対にインフルエンザに感染したくなければ、対策はココまで徹底的にしましょう!

 

次回は、インフルエンザの基本的な対策の2つ目として
「マスクの正しい使い方」をお届けします。

マスクも、正しい使い方をしないとあまり意味がありません。
それどころか、お使いのマスクがインフルエンザなどの感染源になる可能性もあるのです。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*