空気清浄機の上手な使い方~PM2.5対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、日常生活で気になるPM2.5対策についてです。

環境省から注意喚起も出るほど、PM2.5は健康に被害を与える重大な環境問題となっています。
大気がかすむくらいヒドイ時は、外出を控える、マスク着用など対策を講じる必要があります。

PM2.5とは、何か??

環境省のHPによると。。。

大気中に浮遊している2.5μm(1μmは1mmの千分の1)以下の小さな粒子のことで、従来から環境基準を定めて対策を進めてきた浮遊粒子状物質(SPM:10μm以下の粒子)よりも小さな粒子です。
PM2.5は非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が心配されています。
※環境省HPより引用

また、環境省が定める、人の健康の適切な保護のための水準があります。

  • 環境基本法第16条第1項に基づく人の健康の適切な保護を図るために維持されることが望ましい水準として以下のとおり環境基準を定めています。
  • 1年平均値 15μg/m3以下 かつ 1日平均値 35μg/m3以下(平成21年9月設定)
  • この環境基準値は、呼吸器疾患、循環器疾患及び肺がんに関する様々な国内外の疫学知見を基に、専門委員会において検討したものです。

PM2.5の主要な原因物質は化学工場からの排煙や、排ガスです。

そのため、2.5㎛以下の微粒子を吸い込むことで、呼吸器に悪影響を及ぼします。

また、PM2.5は10μm以下と非常に粒子が小さいため、
肺の奥まで侵入しやすく、呼吸器系や循環器系への影響が心配されています。

世界保健機関(WHO)では、
PM2.5を含む大気汚染物質の発がんリスクを、5段階ある危険度のなかで、最上位に分類。

さらに、大気汚染が原因となる肺がんで、
2010年には全世界で22万3000人が死亡したとのデータを示しています。

 

PM2.5の注意喚起基準

 

環境省が定める「PM2.5の注意喚起基準」は以下のようになっています。

微小粒子状物質(PM2.5)は1日平均値が70μg/立方メートルを超えると予想される場合、注意喚起を行います。
注意喚起は、次の基準で判断します。(※注意喚起の判断基準等は、国の指針に基づき決定しております。)
※環境省HPより引用

と、言われてもピンと来ないかもしれませんが、
晴れているのに、モヤがかかったような日などは体感でわかると思います。

天気予報の際に、日本気象協会でもPM2.5の分布予測なども発表されています。お出かけの前や前日などにチェックしてください。

 

空気清浄機を使って、PM2.5対策

 

このように、健康に害のあるPM2.5ですが、その対策はどうすればいいでしょうか?

まず、屋外での対策としては、
PM2.5対応のマスク、花粉症用メガネなどを着用する、
屋外での激しい運動を避ける、などです。

また、注意喚起が出るほど、
PM2.5の飛散量が多いときは、なるべく外出を控えたほうがいいでしょう。

PM2.5を吸ってしまうリスクをできるだけ避けたいですね。

 

また、屋内での対策としては、
必要以上に窓を開けず、PM2.5対応の空気清浄機を活用することが、最も効果的です。

 

帰宅する際には、外出中に衣服などに付着したPM2.5を屋内に持ち込まないのが理想です。

といっても、完全に持ち込まないようにするのは無理。。。
ですから、室内に持ち込まれたPM2.5を空気清浄機に吸ってもらいましょう。

PM2.5対策としての、効果的な空気清浄機の使い方としては、

外出から帰ってきて、衣服を着替える時には、
近くに空気清浄機を置く。
または、着替える場所に空気清浄機を置いておく。

着替えるときに衣服からこぼれ落ち、
空気中に舞い上がるPM2.5などを吸い取ってくれる効果を期待できます。

また、空気清浄機の性能を維持するため、以下の点に注意してください。

 

空気清浄機を、フル稼働する際の注意点

 

PM2.5が多いのは、春や秋(偏西風が吹く時期)。

その時期に空気清浄機を使用する場合は、
フィルター掃除を、いつも以上に、こまめにすることをおすすめします。

どんなにフィルターが高性能でも、フィルターが埃を吸着できる量には限界があります。

定期的にフィルターをお掃除してあげないと、
フィルターが詰まって、せっかく捕まえたPM2.5、埃や細菌・ウィルスが、
再び空気中に拡散される恐れがあります。

特に、PM2.5の時期で、
空気清浄機をフル稼働する時ほど、こまめにフィルターお掃除をして
空気清浄機の性能を維持しましょう!

空気清浄機を正しく上手に使って、
PM2.5から、ご自身や家族の健康を守りましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*