毎年確実に発生する、インフルエンザ集団感染による学級閉鎖。
学校の教育プログラムや年間スケジュールに与える影響は大きく、教育現場としても大きな問題の一つとなっています。

沖縄県がインフルエンザ警報 学級閉鎖は16校24クラスに(沖縄タイムス記事)

医療機関はもちろん、子供達が多くいる教育施設も集団感染には特に気を配る必要のある施設です。

沖縄県にある興南学園では昨年、中学から高校まで(全39クラス)インフルエンザ集団感染による学級閉鎖は、1クラスもありませんでした。

心技体、鍛えられている子供達は、体力も十分で免疫力が強く感染に対して強くなっていますが、それでもやはり感染対策は不可欠で、手洗い、マスク着用など蔓延防止の感染対策が十分に機能している良い例でしょう。

興南学園は中高一貫校で、生徒教職員含め2,000人以上が日々集う教育施設です。
この興南学園で感染拡大を阻止し、感染対策の周知徹底を担う部署が保健室です。

日々2,000人以上の人々が活動する教育施設で、興南学園の保健室は具体的にどのような感染防止対策を取っていたのでしょうか? 続きを読む