空気清浄機のメカニズムを知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様はじめまして、「施設内の感染を徹底的に防ぐ一歩先行く空気清浄術!」始めます。

ブログタイトルそのままの「為になる情報」
お届けしていきますので、何卒よろしくお願いいたします!

さて、初回は「空気清浄機のメカニズムを知っていますか?」です。

どうせならきれいな空気の中で過ごしたいのは、
誰もが思うところではないでしょうか?

そこで、空気をきれいにする方法は、換気、空気清浄機などいろいろありますが、
効果的ですぐに思いつくのが空気清浄機を使用した方法かと思います。

昨今はPM2.5などの影響もあり窓を開けて換気しても、
お部屋の中の空気がきれいになるどころか、
余計に汚れてしまう恐れもありますよね。

そういう観点からも、
いろいろな機能で空間の空気を清浄してくれる
空気清浄機を使用される方は多いと思いますが、

皆様そのメカニズムはご存じでしょうか?

空気清浄機のメカニズム

PP_gear_TP_V

清浄方式を大きく分けると、2種類あります。

・イオン放出型

・フィルター濾過型

(上記2つの方式を組み合わせたものもありますが、次の記事で詳しく説明します。)

それぞれの清浄方式や特徴を正しく理解した上で、
最適な使い方をしないとせっかくの性能を無駄にすることになります。

各社コストや耐久性などいろいろ違ってきますし、
家庭用、業務用など使用する場所、用途によって選択しないといけません。

 

さて、お使いの空気清浄機はどちらの方式のものかご存知でしょうか?

 

その方式、実は○○○かもしれませんよ!?

 

ということで、次の記事では
以上2つの方式についてご紹介しますのでお楽しみに!

これからは、このサイトではコンテンツの一つとして、
各社から出ている空気清浄機の難しいスペックや清浄方式を
できるだけわかりやすく説明していこうと思います。

何卒よろしくお願いいたします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

感染対策に効く!空気清浄機の選び方

空気は見ることができませんが、わたしたちの健康や体調に大きく影響しています。あなたの空気清浄機は安心ですか?

空気清浄機を動かしていれば、空気をきれいにできる、と勘違いしていませんか?

空気清浄機の使用環境、使い方などによっては、期待したほどの効果が得られないこともあるのです。

また、医療機関の院内感染対策の取組みが、実は、患者さまの病院選択にも影響を与えていることはあまりご存じではないかもしれません。

詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*